ブランド米「神兎かみうさぎ

八頭米ブランド化推進協会における農業公社の役割

八頭町はミネラル豊富な水があり、米作りに適した地域であり、食味の評価も高いことから、米のブランド化を進める ことにより担い手の規模拡大の励みになるとともに、新規就農者の確保などが期待されます。

この構想を具体的に実現するため、町内生産者有志が平成29年に「八頭米ブランド化推進協会」を設立し、特別栽 培米の栽培と販売を行っています。

農業公社は平成30年度から、協会の事務局として活動を支援しています。

特別栽培米「神兎かみうさぎ」のこだわり

白兎伝説の里 八頭町

鳥取県東南部に位置する八頭町には、神話の時代、天照大神が降り立った際、「白兎神」が現れ、道案内をしたという伝承が残っています。

その伝承と、豊穣・子孫繁栄をもたらす白兎にあやかり、ブランド米の名前を「神兎」と名付けました。ブランドマークも、白兎とふっくらとしたお米のイメージを融合してデザインしています。

兎の写真/米袋

堆肥による土づくり

畜産農家と連携して牛糞堆肥を水田に散布し、根の張りやすい土壌環境をつくり上げています。

根の張りが良くなると、稲の生育も良くなり、米粒がふっくらと美味しく実ります。

また、毎年土壌診断を行い、お米に最適な土壌を目指して努力し続けています。

堆肥の写真/牛糞堆肥散布風景

食味・品質基準を設定

収穫された米は倉庫に集まります。ここで、生産者ごとに品質検査を受けます。

食味計の数値と等級検査とで、基準を上回れば合格です。合格したもののみを「神兎」として出荷します。 生産者別に 保管し、受注を受けてから精米を行います。ご要望により玄米での出荷も可能です。

食味計の写真/食味計

八頭町の頂点を目指す

神兎は、八頭町産米の頂点を目指す米です。

生産者お互いに圃場で栽培状況を見比べ、栽培技術と品質の向上に努めています。

鳥取県特別栽培認証に基づき、より厳しい栽培基準を設定しています。

【化学肥料9割減、農薬6割減】

*化学肥料は窒素成分、削減割合は当地比

栽培研修の写真/研修

特別栽培農産物ガイドライン表示

特栽表示(PDF)

商品の紹介

神兎かみうさぎコシヒカリ

 

5kg袋
2,350円(税込)

米袋の写真/コシヒカリ

ほどよい甘味があり、毎日食べても飽きのこないお米です。

神兎かみうさぎきぬむすめ

 

5kg袋
2,250円(税込)

米袋の写真/きぬむすめ

炊き上がりが白くてツヤがあり、モチモチやわらかく、冷めてもおいしいお米です。

純米吟醸酒神兎かみうさぎ

 

720ml瓶
1,500円(税込)

酒瓶の写真/日本酒

神兎きぬむすめを100%使用して仕込んだ日本酒です。

(有)田中農場で販売されています。

◆神兎のチラシ(PDF)はこちらから

◆商品のご購入はこちらから